ホソナガくんのブログ

ポケモンの構築記事をあげていきます。

カプZテテフ

f:id:hosonagakun:20181215192613j:image

はじめに

お久しぶりです。ホソナガくんと申します。今回はカプZテテフについて考察していこうと思います。

 

型紹介

カプ・テテフ@カプZ

性格:控えめ

努力値 : H108 B68 C200 D12 S68

実数値 : 159-×-104-200-137-124

技構成 : サイコショック ムーンフォース 自然の怒り @1

調整意図 

H :16n-1

C : ぶっぱ

S : 準速キノガッサ抜き抜き

HB : A207陽気メガギャラドスの1舞たきのぼりを乱1(6.2%)

HD : C200控えめヒードランのラスターカノン確定耐え

 

型解説

主に受けループやブルルドヒドイデなどの受けサイクル、メガフシギバナ軸などに選出する。

圧倒的に有利なメガフシギバナモロバレルドヒドイデ対面をつくりカプZを打つことで、裏に控えるヒードランナットレイギルガルドテッカグヤなどの鋼やラッキー、ハピナスといった特殊受けを潰す。

技構成は、ラッキー、ハピナスに刺さるサイコショック、タイプ一致で汎用性が高いムーンフォースと自然の怒りは確定。残り1枠はパーティーと要検討。

 

@1考察

・めざ炎🔥

ナットレイ意識。カプZ+めざ炎でテッカグヤギルガルドも倒すことができる。ヌケニンにも刺さる。

 

・めざ地

ヒードランジバコイル意識。めざ地を採用するとテッカグヤに対する打点がなくなる。

 

シャドーボール

ギルガルド、ヤドラン、クレセリア意識。ヌケニンにも刺さる。

 

・気合玉

ヒードランナットレイ意識。威力が高いが命中率が低く安定しないのが難点。

 

・10万ボルト

テッカグヤギャラドス意識。

 

・瞑想

ヒードランナットレイテッカグヤは守るを採用している個体が多いのでカプZ後守るに合わせて瞑想を打つのはありかもしれない。

 

・挑発

自然の怒りと相性が良く、受けループにさらに強くなるが、技範囲が狭まる。

 

カプZテテフの長所

f:id:hosonagakun:20181215202556p:image

・読まれない

上の画像はS12のカプテテフの持ち物採用率であるがカプZの採用率は1%以下であるためまず読まれない。

 

・強力なZ技

ガーディアン・デ・アローラはHPを4分の3削る強力なZ技であるため、仮に居座られたとしても相手に大ダメージを与えることができる。

 

カプZテテフの短所

 

・カプZを一度しか使えない

当たり前だがガーディアン・デ・アローラは一度しか使えないため、守るや交換読み居座りによって透かされてしまうと役割を果たせなくなる。

 

・高級オボンの実の存在

フィラのみやイアのみといった回復きのみはカプZでちょうど発動してしまうためカプZで相手のサイクルを崩せなくなる。

 

終わりに

ここまで読んで下さってありがとうございました。質問などありましたら@hosonagakunpokeまでよろしくお願いします!